2階級制覇狙う田口良一、王者田中恒成は「天才肌」

2階級制覇狙う田口良一、王者田中恒成は「天才肌」

世界最速タイのプロ12戦目で世界3階級制覇を達成したWBO世界フライ級王者田中恒成(23=畑中)が、元IBF&WBA世界ライトフライ級統一王者でWBOフライ級4位の田口良一(32=ワタナベ)と3月16日、岐阜メモリアルセンターで愛ドームで初防衛戦を行うことが10日、発表された。試合はTBS系列で全国生中継される。

田口は会見に同席し「まず挑戦を受けてくれて感謝しています」と語った。昨年5月にWBAライトフライ級8度目、IBF同級初防衛戦でブドラーに僅差判定負けして王座を陥落、1度は引退を覚悟した。だが、ブドラーへのリベンジの思いがくすぶる中、田中陣営のオファーを受け、ライトフライからフライへの転級を決断。相手が田中だからこその現役続行だったとも言える。

17年大みそかの対戦予定が流れ、田中に直接謝罪を受けた時の印象を「律義だな。知的で、好青年だなと思った」と語り、ボクサーとしては「頭がいいボクシングをするのが、1番。気持ちも強い。天才肌」と表現した。階級変更初戦が世界戦という点は「賛否両論あるけど、ライトフライでの減量苦を思えば、確実によりよいパフォーマンスができる」とプラスに解釈。「田中選手は本当に強いけど、勝ちたい」と、世界2階級制覇に意欲を見せた。

◆田口良一(たぐち・りょういち)1986年(昭61)12月1日、東京・大田区生まれ。都立芝商卒。04年にワタナベジム入門。06年1回KO勝ちでプロデビュー。07年にライトフライ級で全日本新人王。13年4月に日本同級王座獲得。同年8月、井上尚弥に判定負けし初防衛失敗。14年12月にWBA世界同級王座獲得。17年12月にIBF同級王者メリンドを破り、WBA同級王座7度目の防衛を果たし、IBFとの同級統一王者。昨年5月に王座陥落。168センチの右ボクサーファイター。


関連ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索