UFCメイン異例当日中止、王者ウィテカー緊急手術

UFCメイン異例当日中止、王者ウィテカー緊急手術

<UFC:234大会>◇10日◇オーストラリア・メルボルン・ロッド・レーバー・アリーナ

メインイベントに組まれたUFCミドル級タイトルマッチが前代未聞の当日中止となった。

母国と同じ南半球でのUFC大会で気合の入っていた王者ロバート・ウィテカー(ニュージーランド)が緊急手術の必要な負傷を抱えたことを理由に欠場を余儀なくされた。このため、挑戦者の同級3位ケルヴィン・ガステラム(アメリカ 16勝3敗)との防衛戦は中止に。UFCデイナ・ホワイト社長によるとヘルニアと診断されたものの、前日計量の際には問題なかったという。

「ウィテカーは夫人と家族と一緒に病院にいる」と説明したホワイト社長は「本当に深刻な状態。UFC担当医たちも、若い選手では見たことがないような状態だ、と話していた。もし試合中に発症したら致命的だったかもしれない」と明かした。ウィテカーは昨年2月にも負傷を理由にオーストラリア・パース大会を欠場しており、母国に近い南半球での大会を2戦連続で欠場することになった。

また試合中止となってしまったガステラムは自らのツイッターで「王者が早く回復することを祈っていいます」とつづった。


関連ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索