再起戦挑む岩佐渡米「ベルトないと単なるボクサー」

再起戦挑む岩佐渡米「ベルトないと単なるボクサー」

ボクシングの前IBF世界スーパーバンタム級王者となる同級3位岩佐亮佑(29=セレス)が不退転の決意で再起戦に臨む覚悟を示した。

16日に米ロサンゼルスで同級5位セザール・フアレス(27=メキシコ)とのIBF世界同級指名挑戦者決定戦に臨む前王者は10日に渡米した。

昨年8月、T・Jドヘニー(アイルランド)に判定負けし、王座から陥落。再起戦が世界挑戦権のかかった一戦となり「ラストチャンスだと思っている。前回はど突き合い、本質である殴り合いができなかった。ああいう形だったので、自分の気持ちが変わらないと先がない」との気持ちを明かした。

海外試合は2回目となる。15年6月、英国でIBF世界バンタム級王座決定戦に挑み、6回TKO負けを喫した。16年11月には米フォックスウッズでIBF世界スーパーバンタム級挑戦者決定戦が組まれたものの、相手選手の体重超過で試合前日に中止に。

岩佐は「日本を背負って戦えるのはうれしいし、海外でもやれる選手になりたい。まずは海外1勝です。ベルトがないと単なるボクサー。勝てば最短で再挑戦できるので」と再起戦にかける意気込みを口にしていた。


関連ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索