オカダ、内藤でもない…新星ホワイト金星で王座強奪

オカダ、内藤でもない…新星ホワイト金星で王座強奪

<新日本:プロレス大阪大会>◇11日◇エディオンアリーナ大阪

ジェイ・ホワイト(26)が初挑戦でIWGPヘビー級王座の強奪に成功した。

王者棚橋弘至(42)をブレードランナー(顔面砕き)で仕留め、30分を超える死闘を制した。7年前にオカダ・カズチカが棚橋を破り初戴冠した“レインメーカーショック”と同会場、冬の大阪で起きた王者交代劇。プロレス歴わずか5年5カ月の超新星の大金星で新日本に激震が走った。

ホワイトは一瞬を待っていた。試合時間30分超。コーナーポストからハイフライフローを狙った棚橋を受け止め、カウンターのように必殺ブレードランナーを決めた。電撃の3カウント。王者交代劇と思えぬ静寂が場内を支配すると、ホワイトはマイクでファンに罵声を浴びせた。

「俺は2年半前、大阪城ホール(の壮行試合)で“大阪はきっと俺のホームになる”と思ったけど、もうそうじゃない。おまえたちは俺のファミリーじゃねえ!」。17年11月に約1年半の米国武者修行から「切り裂きジャック」の異名で凱旋(がいせん)。ニュージーランドで生まれ、英国でデビュー。プロレス歴5年5カ月と思えぬヒールが、時代を切り裂いた。

死闘だった。棚橋の右膝を痛めつけたが、逆に低空のドラゴンスクリューを何度も両膝に食った。そんな窮地を186センチ、100キロのジュニアヘビー戦士のような体で脱した。7年前にオカダに敗れ、初戴冠を許した同じ舞台で苦杯をなめた棚橋は試合後、廊下で大の字になり「…もう無理…」とうめいた。ホワイトは愛称のスイッチ・ブレード(バタフライナイフ)らしく、冷たく棚橋を葬った。

「スイッチ・ブレードショーを見たか? プロレスを始めて6年、ニュージャパンに来て4年で最高の栄誉だ。オカダも倒した。棚橋も倒した。俺こそが真のチャンプ。俺は天才だ」。「26歳4カ月」のIWGPヘビー級王座奪取は、中邑真輔(23歳9カ月)オカダ(24歳3カ月)に次ぐ史上3位の年少記録。棚橋でもオカダでも内藤でもない。ホワイトの時代が始まった。【加藤裕一】


関連ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索