稀勢の里が最多指定!九州場所の懸賞数129本

稀勢の里が最多指定!九州場所の懸賞数129本

日本相撲協会は9日、九州場所(11日初日、福岡国際センター)の懸賞総数は1469本と発表した。

横綱白鵬(33=宮城野)、鶴竜(33=井筒)の休場により、150本が取りやめ。申し込み段階では昨年から250本以上減少した。

力士を指定する懸賞数は横綱稀勢の里(32=田子ノ浦)の129本が最多で、地元福岡出身の東前頭9枚目琴奨菊(34=佐渡ケ嶽)、大関高安(28=田子ノ浦)が続いた。

新規は九州地区で学習塾を展開する「英進館」、アパレル会社「ナイガイ」の2件となった。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索