御嶽海「予想は」覚悟は決めていた稀勢の里との初日

御嶽海「予想は」覚悟は決めていた稀勢の里との初日

大相撲初場所の初日を翌日に控えた12日、会場の東京・両国国技館で土俵祭が行われた。15日間の安全を祈願する恒例行事で、八角理事長(元横綱北勝海)や3横綱をはじめ三役以上の力士らが参加した。

稀勢の里と初日に顔を合わせる小結御嶽海は「予想はしていた」と対戦の覚悟は決まっていた。過去7戦6敗。17年名古屋場所で挙げた1勝が唯一の白星だが、その時も初日と験がいい。初日に向け「気合が入りますよ」と笑顔を交えて話した。関脇から陥落し、昨年の秋場所以来の小結として迎える場所に「より良い相撲を15日間取り続けたい」と意気込んだ。


関連ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索