式守伊之助が襲名披露祝賀会「同体ない」覚悟の軍配

式守伊之助が襲名披露祝賀会「同体ない」覚悟の軍配

大相撲の立行司第41代式守伊之助(59=高田川)が11日、都内のホテルで襲名披露祝賀会を開いた。

尾車親方(元大関琴風)や大関高安、貴景勝と玉鷲の両関取ら二所ノ関一門の親方衆や関取衆ら約450人が出席。

途中、所属部屋の師匠である高田川親方(元関脇安芸乃島)から贈られた、金の部屋のロゴマークが入った濃紺の装束に着替えて再登場し、デーモン閣下とのトークショーで「同体はないと思って、どちらが勝っているか見極めて(軍配を)上げている」などと話し盛り上げた。1月の初場所で三役格から立行司に昇格したが「歴史に残る取組を演出する手伝いができれば」と意気込みを語った。


関連ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索