痛み口にせぬ貴景勝「相当ひどいらしい」関係者談も

痛み口にせぬ貴景勝「相当ひどいらしい」関係者談も

<大相撲夏場所>◇4日目◇15日◇東京・両国国技館

新大関の貴景勝(22=千賀ノ浦)が、休場危機に直面した。取組前まで5連敗中と苦手だった小結御嶽海を寄り切ったが、右膝の内側を負傷。「痛めてないです」と詳細を明かさなかったが、師匠の千賀ノ浦親方(元小結隆三杉)は16日に病院で診察を受けてから、5日目出場の可否を判断すると明らかにした。

   ◇   ◇   ◇

突き押しを得意とする貴景勝が、珍しく寄り切った直後だった。膝の状態を確認するように腰を下ろした後、両手を膝の上に置いて動けなくなった。勝ち名乗りを受けると、そっと土俵を下りた。自力で支度部屋に戻ったが風呂には向かわず、右膝の内側をアイシング。呼吸はなかなか整わず「ウーッ」と、うめき声まであげた。それでも右膝の状態を問われ「大丈夫です」と繰り返し「痛めてないです」と言い切った。

大関昇進の伝達式で「武士道精神」を口にした。痛みがあっても口にしない。貴景勝と電話で話したという千賀ノ浦親方が、午後9時すぎに都内の部屋に戻ってから代弁。休場危機であると明かした。

千賀ノ浦親方 痛めています。右膝の内側。(5日目に)出られるか出られないかは、明日(16日)、病院に行ってから決めます。「痛い」と言ったら無理させることはありません。

貴景勝が負傷したのは、立ち合い直後に右足を滑らせた際だったのか、最後に寄った時だったのかは師匠も不明だった。師匠によると、15日は病院ではない可能性はあるが、知り合いにケアしてもらったという。

取組直後には、5日目以降の出場に前向きな様子も見せていた。取組前まで御嶽海戦は3勝7敗。前日3日目に北勝富士に敗れた中で天敵を迎え「2連敗すると3連敗するし、コケちゃいけないなと思っていた」と、負けられない思いは強かった。その中で勝ちきり「勝ったことが何より」とうなずいた。寄り切りでの白星は昨年7月名古屋場所千秋楽で、朝乃山を破った1度だけ。しかも「ちゃんと寄り切ったのは初めてだと思う。すくい投げが不完全で寄り切りになったことがあるぐらい」と新たな勝ち方に自信も深めていた。

新境地が見えてきた矢先のアクシデント。一部関係者からは「相当ひどいらしい」という情報もある。まだ22歳。若武者が強行出場を望んでも、止める周囲の勇気も必要かもしれない。【高田文太】


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索