朝乃山が出身地富山で初合宿 3000人観衆集結

朝乃山が出身地富山で初合宿 3000人観衆集結

大相撲夏場所で初優勝した前頭朝乃山(25=高砂)が12日、出身地の富山県で初めて行われた高砂部屋の合宿に参加し、大勢のファンから歓声を受けた。富山・射水市でこの日から始まった合宿の稽古には、平日午前にもかかわらず、郷土のヒーローを一目見ようと約3000人もの観衆が集結した。

関係者によると午前4時には約30人が集まっていたといい、稽古序盤から大盛り上がりだった。ストレッチするため、土俵下に座り込んだだけで「オーッ」という歓声が起きると、朝乃山は思わず照れ笑いを浮かべた。相撲を取る稽古では、朝乃山は地元実業団の選手や部屋の若い衆らを相手に、計10番取って全勝。貫禄の相撲内容と稽古後には「皆さんの力で優勝できました」とあいさつし、場内をさらに沸かせた。

本人に先立ち、師匠の高砂親方(元大関朝潮)が「この合宿が決まった時には、朝乃山が優勝することは決まっていなかったのですが、まさか優勝するとは思わなかった」と、少しコミカルな口調で話すと大きな笑いが起きた。それでも師匠は「大相撲は地域密着型のプロスポーツ。出身地まで紹介するのは相撲だけ。野球やサッカーにはありません。朝乃山にとって富山県は非常に大きなバックボーンです」と、変わらぬ声援をお願いすると、盛大な拍手と歓声が起きた。

朝乃山にとって呉羽中、富山商高の9学年先輩にあたり、実業団のアイシン軽金属に所属する中村淳一郎さん(34)は、朝乃山のプロ入り後、初めて胸を合わせたといい「全然力が違いますね。ケガしないようにするので精いっぱいでした」と、稽古を振り返った。中村さんは富山商高時代、コーチとして朝乃山を指導。夏場所千秋楽で、トランプ米大統領がしこ名をフルネームで呼んだのを聞き「涙が出そうだった」という。しこ名の下の名前の「英樹」は、富山商高相撲部の元監督で、一昨年に40歳で亡くなった浦山英樹さんに由来する。今は浦山さんの長男秀誠が富山商高2年で相撲部に在籍するだけに、現在も同高コーチでもある中村さんは「浦山さんの長男を強くするのが使命だと思っている」と、朝乃山の活躍によって、決意を強くした様子だった。

合宿は13日までだが、その後は16日に富山市で行われる優勝パレードまで、故郷で多忙なスケジュールが待っている。それでも朝乃山は「ああいう歓声の中で相撲を取れたのはうれしい。いい成績を残して帰ってくれば、それが地元への恩返しになるはず」と、自己最上位へと番付を上げることが確実な名古屋場所(7月7日初日、ドルフィンズアリーナ)を見据えていた。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索