白鵬、右腕の回復は順調「しっかりやって名古屋に」

白鵬、右腕の回復は順調「しっかりやって名古屋に」

宮城野部屋の滋賀・長浜合宿が12日に始まり、横綱白鵬(34)が軽快な動きを見せた。

春場所千秋楽に痛め、夏場所全休の要因となった右上腕部は順調に回復しているようで、この日は弟弟子の平幕炎鵬と三番稽古を15番。観客約300人を楽しませるように、3番先に土俵を割る場面があったものの、攻めをしっかり受け止め、投げ、突きとバラエティーに富む決まり手を披露した。

白鵬は「右はいいんだけど、左を使いすぎてか(左肘の)古傷がちょっとね」と言いつつ、順調に回復しているかとの質問には「そうだね」とキッパリ。「東京でしっかり準備をして、長浜に来ることができた。ここでしっかりやって、名古屋に乗り込みたいね」。三番稽古後は炎鵬をたっぷりかわいがり、見学に訪れた園児らともふれあい、表情は明るかった。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索