北勝富士「あと何十回も戦う相手」御嶽海から白星

北勝富士「あと何十回も戦う相手」御嶽海から白星

<大相撲名古屋場所>◇5日目◇11日◇ドルフィンズアリーナ

西前頭筆頭北勝富士(26=八角)が、ライバル対決を制した。同じ大卒で同学年の関脇御嶽海(26=出羽海)から白星。御嶽海のいなしに体勢を大きく崩したがが、立て直しておっつけから右に開いてはたき込んだ。「しっかりとぶつかることができた。圧力を与えながら足もしっかり出せた」と、自身の踏み込みに納得した。

本場所のイメージは膨らませていた。6月中旬、東京の八角部屋で出稽古に来た御嶽海と、八角理事長(元横綱北勝海)が見つめる中で三番稽古を行った。互いに「探り合い」だったが「(御嶽海は)もろ差しがうまいので、そこをしっかりと入らせないように意識した」と、対抗策を練っていた。

これで不戦勝をのぞいて4勝6敗。「うれしいですね。彼に勝つのは」とニヤリ。「あと何十回も戦う相手。僕も番付を上げて高め合っていけたら」と、ライバル心をむき出しに話した。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索