貴源治「きつかったけど」ぶつかり稽古で地元沸かす

貴源治「きつかったけど」ぶつかり稽古で地元沸かす

大相撲秋巡業が9日、栃木・大田原市で行われ、同県出身の前頭貴源治(22=千賀ノ浦)が地元を沸かせた。朝稽古の申し合いでは平幕の碧山、松鳳山らと計6番取り、ぶつかり稽古では竜電に胸を借りた。

約6分間で砂まみれになったが、会場から大きな声援と拍手が巻き起こり「いつも気合は入っているけど、ありがたいこと」と笑顔。「ぶつかりは(今巡業の)どこかでやらないといけないと思っていた。久しぶりできつかったけど、うれしかったです」。

巡業ではより一層、体調管理を意識しているという。「油断すると食べ過ぎて体が大きくなりすぎる」と、夜は炭水化物を摂取しない。巡業に同行しているトレーナーに、毎日マッサージを頼むよう心掛けている。「四股、すり足、腕立てでしっかり体をつくりたい」と話した。

九州場所(11月10日初日、福岡国際センター)は幕内から十両への陥落が濃厚。「1場所で戻りたい気持ちはもちろんあるけど、その前に自分の相撲を取ることが大事」と力を込めた。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索