岐阜大木監督、元代表FW前田ら獲得で補強に手応え

岐阜大木監督、元代表FW前田ら獲得で補強に手応え

J2のFC岐阜が12日、静岡市清水区のJ−STEPで冬季キャンプをスタートさせた。

午前11時過ぎに到着すると、大木武監督(57)と全選手30人が歓迎セレモニーに参加。MF風間宏矢(25=清水商高出)やMF宮本航汰(22=清水ユース出)ら、地元清水区出身の選手が施設からの贈呈品を受け取った。清水生まれの大木監督も「気候も良く、環境もすばらしい。この場所でしっかり練習して、いい成績を残したい」とあいさつ。午後は早速、精力的に体を動かした。

チームは11日に新体制を発表。昨季はJ2で20位と不本意な結果に終わったが、今季は元日本代表FW前田遼一(37)ら、即戦力選手を獲得した。指揮官も補強に手応えを感じており、「チームでやりたいサッカーを統一していきたい」と意気込んだ。2年連続となった清水でのキャンプは15日まで行う。【神谷亮磨】


関連ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索