新潟FW矢村、恩師の思いを胸に開幕スタメン入りへ

新潟FW矢村、恩師の思いを胸に開幕スタメン入りへ

J2アルビレックス新潟は12日、聖籠町のクラブハウス練習場で練習を行った。

20年シーズン入団が内定している特別指定選手のFW矢村健(21=新潟医療福祉大3年)が、この日からチームに合流した。昨季の北信越リーグで28得点を挙げ、得点王に輝いた逸材。高知キャンプに帯同し、開幕スタメンを目指す。

ウオーミングアップにボール回しと、合流初日から矢村は違和感なくチームメートとともにボールを扱った。昨秋から練習に参加してきた。16日からの高知キャンプには初帯同だが、「緊張はない。しっかりアピールしたい」と前向きだ。

昨年9月、20年の新潟入団と特別指定選手での登録が決まった。今季は新潟医療福祉大と重複だが、同大の佐熊裕和監督(55)からは「お前は(新潟医療福祉大の)戦力として考えていない」と言われた。もちろん、それは新潟で戦力になることを期待した、裏返しの表現。「特別指定の立場だけど、そこは関係なく開幕スタメンを目指すくらいの気持ち。それが新潟にも、大学にも刺激を与えられる」。恩師の思いに全力で応えるつもりだ。

裏への飛び出しを武器に、18年の北信越大学リーグ1部で28得点し、得点王。2位の12得点に倍以上の差をつけた。「北信越では通用する部分があった。それを磨いていきたい」。新潟の一員としてプレーすることで、さらに腕磨く。

高知キャンプには日記を持参する。2年生の11月、大学の地域選抜対抗戦「デンソーカップ」の関東B・北信越選抜選考会で、落選した。その悔しさから毎日欠かさず付け始めた。それが今は自己分析のデータだ。「キャンプでは先を見ず、1日1日を大切にする」。積み重ねを大切にし、新潟の戦力に名乗りを上げる。【斎藤慎一郎】

◆矢村健(やむら・けん)1997年(平9)6月9日生まれ、東京都出身。市船橋高(千葉)では3年のときに全国高校総体準優勝。新潟医療福祉大に進み、18年の北信越リーグ得点王。168センチ、66キロ。


関連ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索