酒井宏樹は完封に意欲、大迫欠場も「逆に燃える」

酒井宏樹は完封に意欲、大迫欠場も「逆に燃える」

サッカー日本代表DF酒井宏樹(28=マルセイユ)が12日、アジア杯UAE大会の1次リーグ第2戦オマーン戦(アビダビ)に向けた公式練習に参加した。

初戦トルクメニスタン戦は、逆転の3−2で勝利を収めたものの大苦戦。続くオマーン戦に向けて「今日の感じ(非公開練習での相手対策)だと、前回より相性はいいのかなと思う。まあ探り探り、いつも通り、試合に入ってから考えます」と自然体で、まず取材の第1問に答えた。

この日の会場シェイク・ザイード・スタジアムは決勝の舞台。「あ、そうなんすね。確かに誰かがアブダビって言ってたな。ドバイじゃないんですね」と笑顔で話し「ここに戻って来られるように…。しかし、ここが会場だったんですね。確かにキレイですし」と話した。

あらためて初戦を振り返り「勝ったことがすべて。難しい試合になるのは分かっていたので、ある程度は予想できた。いつもW杯予選でも難しいですから。しかも中東でデーゲーム。いいイメージ、全くないですからね。その中でもね、勝てたことがすべて。若い選手もいるから、もし負けてたら影響もあったかもだけど、チームとして勝てたことが、それだけすかね、収穫は」と話した。

また、攻守の役割の違いにも言及。「初戦は、僕らがゼロで抑えれば簡単な試合になったと思う。1失点したことによって難しくしてしまった。そこは後ろが責任を持ってやらないといけないですし。もちろんチーム全体のことも考えなきゃいけないですけど、後ろと前で分かれることも絶対に重要になる。後ろには後ろの、前には前の責任があるので。1つ1つ、こだわっていかないといけないですし。責任感の重みは感じていかないと」と語った。

次は、同い年の1トップ大迫が欠場する可能性が高い。「1人の選手に依存しないことの大切さを、明日は示さないといけないのでは」との質問に対し「まあチームなんでね。サコが、けがじゃなくて累積の場合もありますし。誰もがサコのことは、存在感がすごくある選手だと分かっていますけど、そういう状況はありますし。逆に出る選手は燃えるはずなので。相乗効果に期待したいですし、しっかり1−0でも、勝ち点3を。明日はゼロでいきます」と新戦力の台頭と完封に期待と意欲を示した。


関連ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索