ラモスとカズを「牛耳る」ため呼ばれたオフト監督

ラモスとカズを「牛耳る」ため呼ばれたオフト監督

<平成とは・サッカー編(6)>

日本代表初の外国人監督は、平成4年(92年)に就任したオランダ人のハンス・オフトだった。当時44歳。横山兼三の後任として元ブラジル代表監督テレ・サンターナ、同アルゼンチンのメノッティとともに候補となり、日本協会の強化委員長だった川淵三郎が「プロ選手にはプロ監督、そして外国人。オフトは日本の事情を分かっていたし、マッチすると思った」と前年から交渉していた。昭和57年(82年)にヤマハ(現磐田)の臨時コーチとして来日。当時2部のクラブを2カ月で天皇杯初優勝に導いた手腕を、決勝で解説していた川淵は把握していた。

平成に入り代表監督の選任者になった川淵は、オランダ1部ユトレヒトの強化責任者に就いていた男を訪ねた。「90分間、隣に座って試合の説明をしてもらったら非常に分かりやすくてね。日本人にはない分析力だった」と戦術眼に感服。一方で年俸は周辺から調べて“最低落札価格”の2000万円で契約。「今思えば、あんな安い額で…」と笑い飛ばしたが、平成後期のザッケローニやハリルホジッチの推定2億6000万円とは時代が違った。

報酬では単純比較できないが、賭けだったのは間違いない。サッカーはもちろん、日本のスポーツ界で外国人プロ指導者が代表監督になるのは初めて。なぜ、海外から呼んだのか。「実績ある選手を説得できるのは外国人だけ」。選手、とは代表の中心だったラモス瑠偉であり、カズ。ブラジルでサッカーに命を懸けてきた2人は、川淵に「代表チームの待遇を上げてくれ」と直談判していた。「そんなこと言ってくる選手はいなかった。彼らを指導…というか牛耳るには、同じ日本人では無理だなと」。そこで「小クラマー」と呼ぶオフトに決めた。「クラマーさんが(60年に)来た時、日本人とは月とスッポンだったから」招くことに迷いはなかった。

一方で選手にはアレルギーが出た。「それまでのミーティングは、みんな監督ではなく大将のラモスに従っていた」(川淵)。そこに割って入ったオフトは「1人に頼るチームは危険」と、あえて表明。反発したラモスも、練習初日に指笛で呼ばれ「犬じゃないよ、冗談じゃないよ」と激高した。メディアにも公然と不満をぶちまけた。オフトも引かない。国立競技場の一室にラモスを呼び「もう代表に来なくて結構」と突き放した。川淵が「もしもの時、ラモスを外せるとしたら外国人」と想定した通りの一触即発も「オフトはケンカもしたけど折り合いもつけた」と実際に外す気はなかった。半年後には、オフト監督とラモス“コーチ”が2人で高木琢也を居残り指導する光景があった。

正しかったことは結果が立証した。就任4カ月後の8月にダイナスティ杯(現東アジアE−1選手権)を制すと、同11月には高木が得点王の活躍を見せてアジア杯広島大会で初優勝。戦術=自由だったチームに、今では当たり前の「コンパクト」「トライアングル」「アイコンタクト」を落とし込んだ。欧州では育成レベルの指導用語。だが、当時の日本には適当だった。「技術、体力はすぐには向上しない。理由は明らか。戦術なんだよ。中国、北朝鮮、韓国を連破できるなんて…。あり得なかった。今ある選手の能力を、いかにチームとして高めて勝負するか。これぞプロ監督」と川淵がしびれれば、都並敏史も「韓国相手に前を向いてプレーできたのは初めて」と衝撃の1年になった。

この年、ドイツに留学していた岡田武史は「帰国したら、みんなうまくなっていた」と驚いている。最終的にオフトは93年(平5)の「ドーハの悲劇」でワールドカップ(W杯)初出場を逃したが、土台は岡田ジャパンに受け継がれた。98年(平10)フランス大会で夢は現実になった。

その後は5カ国6人が日本を率いた。自国開催のW杯日韓大会には「フラット3」のトルシエで挑み、初の16強。神様ジーコは「黄金の中盤」でサッカー人気を不動にし、オシムからは「ポリバレント(多様性)」を学んだ。ザッケローニは「インテンシティ(プレー強度)」を選手に求め、13年(平25)にFIFAランクを史上最高の9位へ。アギーレは八百長問題で去ったものの、柴崎岳らを抜てき。ハリルホジッチは「デュエル(決闘)」と機関銃のように、まくし立てた。

そして令和の新時代、森保一へ。岡田も西野朗もW杯ベスト16に導いたが、ともに途中就任。W杯後の4年スパンで託された日本人は森保が初めてだ。オフトの下で「ドーハの悲劇」を経験した50歳の元ボランチが、かじを取る。川淵は「昔は外国人しか選択肢がなかったけど、日本人が育った。ようやく」と隔世の感に目を細めた。14年(平26)のW杯ブラジル大会はベスト8進出国の監督全員が自国人で、18年(平30)ロシア大会も8分の7がそうだった。ならば日本も−。究極目標の2050年W杯優勝へ、平成の土台に日本人監督が立つ。(敬称略)【木下淳】


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索