ボルト氏初先発で2ゴール決め“ボルトポーズ”

ボルト氏初先発で2ゴール決め“ボルトポーズ”

17年に引退した陸上男子100メートル、200メートルの世界記録保持者ウサイン・ボルト氏(32)が12日、オーストラリア南部キャンベルタウンで行われたAリーグのセントラルコースト−マッカーサー・サウスユナイテッドとのプレシーズンマッチに、セントラルコーストの一員として先発し、初ゴールを含む2ゴールと大爆発した。

ボルト氏は2−0とリードした後半12分、中央から左に展開されたボールを受けた味方MFが、ゴール前に上げた浮き球パスに反応。持ち前の快足を飛ばして競り合ったDFを振り切ると、左足を振り抜いてゴール左隅に決めた。ボルト氏は待望の初ゴールに、歓喜の拍手を繰り返した後、お得意の「ボルトポーズ」で大見えを切った。

さらに同22分には、左からのロングボールに味方とDFが競り合い、こぼれ球の処理を飛び出したGKが誤ると、ボルト氏はそこに入り込み、左足で1トラップして左足で決めた。ボルト氏は後半30分に交代した。

ボルト氏はセントラルコーストに練習生として加わっている。5日に現地で先発の可能性が高まったと報じられると「メチャクチャ興奮しているよ。もし先発できたら、自分にとって本当に大きなことだ」と笑みを浮かべた。

8月31日のセントラルコースト選抜とのプレシーズンマッチでは、後半26分から出場してサッカー選手としてデビューを果たしたが、ボールの扱いに不慣れなことを露呈。後半ロスタイムにはゴール前に決定的なタイミングで飛び込むも、ゴールはならなかった。その後、フランスで行われた無重力体験イベントに参加するため1度、オーストラリアを離れた、再び戻って練習に参加していた。

ボルト氏は「成長を感じている。ボールタッチは、格段に良くなっている。少しでも長い時間、試合に出たい。ゴールを決めたら、本当に大きなこと。セントラルコーストは、僕にチャンスをくれたから、ゴールでお返ししたい」とゴールに強い意欲を見せた。その言葉どおり、この日は開始早々、右後方からの浮き球に抜け出すと、世界記録保持者の看板に偽りなしのスピードで抜け出し、シュートを放ったが枠を外した。前半40分には左クロスに飛び込み、競り合ったDFの頭2つ半上からヘディングシュートを放ったが、右ポスト脇にわずかに外れ、天を仰いだ。ゴールへの強い意欲を見せ続けたことが、初ゴールにつながった。

マルベイ監督は試合前、ボルト氏について「ウサインの成長が肝心なんだ。最初から、彼には時間が必要だと言っているんだ。もし必要なら、1年だって時間を与えると言っているんだよ。重要なのは、来年1月ころまでに彼がどのレベルにいるかということ。向こう数週間に個別練習を課すことも考えているし、彼にはあらゆるチャンスを与えたいんだ」と明言。21日のブリスベン・ロアー戦で開幕を迎える、Aリーグ開幕戦後もチームに帯同させる考えを示唆していた。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索