渡辺一平「体育授業で」右足首捻挫、都選手権欠場も

渡辺一平「体育授業で」右足首捻挫、都選手権欠場も

 テレビ朝日ビッグスポーツ賞の授賞式が11日、都内で行われ、ビッグスポーツ賞を受賞した競泳男子200メートル平泳ぎ世界記録保持者の渡辺一平(20=早大)が、昨年12月下旬に右足首を捻挫したことを明かした。

 渡辺は「体育の授業でバレー部と本気で戦っている時にやってしまった」と話した。事前にバレーボールの映像を見てイメージを膨らませるほど、熱が入っていた。「何をしたときに捻挫したのかを覚えていないくらい、アドレナリンが出ていた」と苦笑い。現在は上半身のトレーニングにも力を入れながら、テーピングをして泳いでいる。

 27日からの東京都選手権の出場については「半々。痛みはないので泳げるけれど、今は無理をしたくない」と語った。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索