錦織 勝敗を分けた3本のフォア ジョコビッチ逆襲

錦織 勝敗を分けた3本のフォア ジョコビッチ逆襲

<テニス:ウィンブルドン>◇11日◇ロンドン◇男子シングルス準々決勝

 最初の2セットを分け合い、第3セット2オール。がっぷりと組み合った錦織圭(28=日清食品)と、元世界王者のジョコビッチ(セルビア)に、大きな分岐点が巡ってきた。ジョコビッチのサーブで0−40。錦織は3本連続のブレークポイントを握った。「あそこを取っていたら、自信もついて、またプレーも変わっていたかもしれない。チャンスはかなりあった」。そして、それを逃した錦織は、そのまま4セットで敗れた。

 展開が、少し14年全米準決勝と似ていたかもしれない。第2セットから第3セットの序盤まで、ジョコビッチは、間違いなく緊張感が高まっていた。そして、それは第2セットを落としたことで焦りに変わっていた。

 ジョコビッチがほえたり、フォアハンドを声を上げてすくい上げるフォームになった時は、縮こまっている証拠だという。14年全米準決勝も似たような感じがあった。0−30からアウトになったフォアは、まさにその兆候が見られた。

 0−40から、錦織が勝負をかけたバックのダウン・ザ・ラインはラインを外れた。15−40から、ジョコビッチのバックがきれいに決まった。この2本はしょうがない。そして迎えたのが3本目のブレークポイントだ。

 ジョコビッチのサーブが入り、ラリーになった。錦織のリターンを含み、ポイントがジョコビッチに入るまで、15本のラリーがあった。その中で、3本はフォアで攻めることができるショットがあった。5本目、7本目、13本目だ。

 特に13本目は、ジョコビッチのバックが少し浅くなり、錦織はフォアを踏み込んで打てた。しかし、強打でもなく、深く入れるでもない中途半端なショットになり、ジョコビッチの逆襲を食らった。

 3本のフォア。どこかにチャンスを見いだしていてもよかったのではないか。もちろん、攻めたからといってポイントを取れたという保証はない。その時、思い出したのが14年全米の準決勝だ。右足親指裏にできた腫れ物を手術し、当初は欠場するつもりだった大会。失うものはない対ジョコビッチ。だから無心でいられた。その時のフォアはえぐかった。

 今は、もちろん無心ではいられない。多くのものを抱え、それが錦織がトッププロになった証でもある。だからこそ、無心ではないトッププロとしてのえぐいフォアを、3本の内、1本は見たいと思った。ただ、間違いなく、そのフォアは、夏のハードコートシーズンに復活するだろう。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索