サンウルブズ・ブラウン新HC「革新的ラグビーを」

サンウルブズ・ブラウン新HC「革新的ラグビーを」

スーパーラグビー(SR)の日本チーム、サンウルブズは5日、都内で、19年シーズンの指揮を執るトニー・ブラウン新ヘッドコーチ(HC、43)の就任会見を行った。

昨季、日本代表と共同で指揮を執ったジェイミー・ジョセフHCが、19年W杯日本大会に向けた代表活動に専念するため、退任。日本代表でアタックコーチを務めるブラウンHCは「革新的なラグビーを見せたい。サンウルブズと日本代表の2つのチームが互いに良い影響を与え、同じスタイルのラグビーをすることでW杯での良い成果につなげたい」と意気込みを語った。

また、第1次スコッドとして、サンウルブズ2季目となるSOヘイデン・パーカー(27=神戸製鋼)、フッカーのジャバ・ブレグバゼ(31=ジョージア)、チーフスやハイランダーズなどでSR36キャップを持つCTBフィル・バーリー(31=ニュージーランド)、ニュージーランド代表6キャップのCTBレネ・レンジャー(32)の4選手と契約を結んだことも発表された。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索