瀬戸大也欧州遠征から帰国、オランダ大会Vに手応え

瀬戸大也欧州遠征から帰国、オランダ大会Vに手応え

競泳男子の瀬戸大也(=ANA)が8日、欧州遠征から帰国した。

短水路(25メートルプール)で争われるW杯のオランダ大会とブダペスト大会に出場。オフ明けで臨んだ9月30日のオランダ大会では400メートル個人メドレーで優勝を果たした。「あそこまでオランダで出来がいいとは思わなかった。しっかりと足を使えていたと思う」と手応えを口にした。

次のレースは短水路世界選手権(12月、中国・杭州)の日本代表選考会(27、28日、東京辰巳国際水泳場)で、400メートル個人メドレーと200メートルバタフライに出場する予定。「集中してレースに臨みたい。種目を絞る中で、みえてくるものがあると思う。1つ1つ苦手なところをつぶして武器を増やしていきたい」と話していた。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索