佐々木真菜、金獲得も「タイムは納得いかない」

<ジャカルタ・アジアパラ大会>◇11日◇陸上

女子400メートル(視覚障害T13)でアジア記録保持者の佐々木真菜(21=東邦銀行)が、1分1秒48で金メダルを獲得した。

スタートから飛び出すと、後半も失速することなく独走でゴールした。もっとも自身の持つアジア記録59秒02に2秒以上遅れて「58秒台を狙って世界ランキングを上げられるよう練習も積んできて、58秒台で金メダルが目標だったのでタイムは納得いかない。金メダルは自信になったけど」と、手放しで喜んではいなかった。

先天性の弱視でレーンの白線を頼りにペース配分しながら走る。「スタートから50メートルくらいは加速して、バックストレートはスピードを維持したまま走り、残りの150メートルはしっかり足が動くのでそのままフィニッシュしようと」。

このレースも想定通りの走りだったが、誤算はトラックにあった。「柔らかいタータンということもあって、足が後ろに流れてしまって、その分、スピードをロスしてしまった」。

今季はアジア記録更新にアジア大会金メダルと収穫の多い1年だった。次の目標は来年5月の中国オープンになる。

「東京パラリンピックの選考に残れるようなタイムを出さなくてはいけないと思っています」

今季の輝かしい実績も、2年後の夢舞台への通過点にすぎない。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索