パラ男子やり投げの山崎晃裕5位「すごく情けない」

<ジャカルタ・アジアパラ大会>◇11日◇陸上

 

男子やり投げ(切断などT47)で日本記録保持者の山崎晃裕(22=順大職)は5位に終わった。

1投目から両足がつるアクシデントに見舞われて下半身が安定せず、本来の投てきができなかった。5投目にこの日最高の58メートル75を投げたが、自身が今年5月の北京GPで更新した日本記録60メートル65には2メートル近く及ばなかった。

「万全の状態で臨んだのに、すごく情けない。悔しいです。1投目から6投目までずっと足がつっていた。原因は分からない」とうつむいた。

先天性の右手首欠損で15年に障害者野球から転向した。昨年の世界選手権で5位入賞するなど、ここまで急カーブで成長を続けてきたが、今大会は大舞台でしっかりと結果を出すことの難しさを実感した。

「失敗の原因がどこにあるのか。来年から世界選手権、東京パラリンピックと大舞台が続く。運も味方につけないといけない。課題は技術も体力も全部です。2年前と比べれば成長しているので、2年後はさらに成長すると思う。頑張りたい」と前を向いた。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索