山県「東京五輪つながる」世界リレー大会で好走誓う

山県「東京五輪つながる」世界リレー大会で好走誓う

日本陸連などは12日、横浜市内で会見し、来年5月11、12日の世界リレー大会を日産スタジアム(横浜)で開催すると発表した。

登壇した山県亮太(26=セイコー)は「世界トップレベルの試合が、日本で開催されることはめったにない。世界リレーの結果が世界選手権につながる。ドーハ(世界選手権)で結果を出すことが、東京五輪につながる。2020年で日本チームが結果を残すことにつながる大事な大会」と抱負を語った。日本は15年の第2回大会(バハマ)に男子400メートルリレーで3位に入り、翌年のリオデジャネイロ五輪の歓喜につなげた。いい流れを再び作って、19年世界選手権(ドーハ)、20年東京オリンピック(五輪)へつなげたい。

会見と、ほぼ同時刻に主催する国際陸連もホームページ上で発表した。今回で第4回の世界リレー大会は、男女の400、1600メートルリレーは上位10カ国、東京五輪の新種目・混合1600メートルリレーは上位12カ国が世界選手権の切符を獲得。そして世界選手権の上位8カ国は東京五輪のの出場権を得る。大舞台へとつながる大会だけに英国、米国、ジャマイカなど強豪が参戦する見込みだ。世界との真剣勝負の場が実現する。

また大会の1年後に東京オリンピックを控える中、首都圏での開催。オリンピックへの機運上昇や運営面のテストの意味もある。日本陸連の横川会長は「一石何鳥もの意味のある大会」と意義を強調した。

ただ会場の日産スタジアムは収容人数7万人以上。どこまで空席を少なくできるかで、盛り上がりも変わってくる。山県は「レベルの高い、見応えのあるレースになる。会場が埋まるぐらい見に来て欲しい」と訴えた。横浜市の林文子市長(72)は「日本で初開催の大会を横浜でやらせていただき光栄。集客は責任を持ってやらせていただく」と語った。

過去3大会はバハマで開催。今回もバハマで開催予定だったが経済的理由で、今夏に開催を返上していた。関係者によると、その代替地にジャマイカ、中国、日本が挙がっていた。準備期間が短いだけに、大会の高い運営能力が評価された模様。横川会長は「期待に応えないといけない」と話した。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索