山県亮太、世界の王氏から激励 オフは米IMG合宿

山県亮太、世界の王氏から激励 オフは米IMG合宿

陸上男子100メートルの山県亮太(26=セイコー)が世界の王貞治氏(78)からの期待を授かった。6日、都内で行われた「服部真二 文化・スポーツ財団」が主催する「服部真二賞」の表彰式に出席。

プレゼンターの王氏から「ロンドン五輪、リオ五輪と戦い、東京五輪にチャレンジする。日頃から自分をコントロールし、鍛えて、スポーツマンとして求められるものを高めている。日頃の努力には頭が下がります。東京五輪で最高の競争、走りができるよう頑張ってください」と伝えられた。

世界記録となる通算868本の本塁打を放ったレジェンドから記念の盾を受け取った。服部真二特別賞に選ばれた山県は、少し恐縮しながら「王さんからプレゼントしてもらって本当にうれしく思います。9秒台、その先の世界へいけるように頑張っていきたい」と話した。今季はジャカルタ・アジア大会決勝では自己記録タイとなる10秒00を出した。ただ、わずかに大台突破へ足りず、記録への渇望は強くなった。

そして自身も世界に名をとどろかせるような存在となるべく、新たな挑戦をする。オフは12月に10日間、2〜3月にかけて約1カ月間、米フロリダ州のIMGアカデミーで合宿をすると明かした。競技は違えどテニス錦織らが拠点とする場所。一流選手との交流にも期待を寄せる。「プロ意識について、(自身は)持っているようで持っていないと思う。本物のプロに聞くのは勉強になると思う」と話した。

近年は沖縄やオーストラリアなどで合宿を積んでいた。陸上界でもIMGアカデミーは過去に自己記録は9秒91で、アジア大会決勝でも敗れた蘇炳添(中国)らが練習していた地でもある。今までの練習をベースにしながらも、仲田トレーナーらと新たな場所での成長のヒントを探す。「9秒8に近づけていくためのチャレンジ。積み上げてきたこと、結果が出たことの自信はある。それは1つの成功体験として、また新しい技術的な収穫があればいい」と口にした。

来シーズン初戦も米国となる可能性もある。環境に手応えを得られれば今後、定期的な拠点とすることも視野に入れるという。

26歳。「若手とは言えない」と自分を評価する。ただ若手のように、どん欲な成長の意欲がある。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索