井上康生氏が強化選手らに授けた五輪必須4つの言葉

井上康生氏が強化選手らに授けた五輪必須4つの言葉

2000年シドニー五輪柔道男子100キロ級金メダルで、男子日本代表監督の井上康生氏(40)が8日、都内で講話した。日本オリンピック委員会の強化選手やスタッフら約200人の前で、日本代表として「4つの言葉」の意義を伝えた。

報道陣には冒頭の10分間が公開された。井上氏は、参加者に「覚悟」「熱意」「創意」「誠意」の4つの言葉をテーマに、エピソードを交えて重要性を訴えた。20年東京オリンピック(五輪)を目指す上で「五輪はライバルとの戦いや、犠牲にすることも多々ある。それぐらい特別な舞台。日本代表としての重圧もあって、相当の覚悟が必要」と話した。

常々、柔道選手には準備力の大切さを伝えている。この日は、スーツ姿で参加予定だったがベルトを忘れて、急きょ、ジャージー姿で出席した。「自分自身が準備出来ていなかった。身をもって準備力のなさを感じた」と、自虐的に振り返り、参加者の笑いも誘っていた。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索