医師志望でラストイヤーの福岡堅樹「全てかけたい」

医師志望でラストイヤーの福岡堅樹「全てかけたい」

スーパーラグビー(SR)の日本チーム、サンウルブズで今季もプレーするWTB福岡堅樹(26=パナソニック)が9日、都内で取材に応じ、15人制最後の年への意気込みを語った。

第2の人生に医師という夢を持ち、9月のW杯日本大会が15人制でプレーする最後の舞台と公言している。「いよいよこの年が来たなと実感している。トップレベルで15人制でやるのは今年が最後。ラグビー人生の全てをかけたい」ときっぱり。年末年始は実家の福岡に帰省。近所の神社に初詣に行ったが「他力になってしまうから」とおみくじは引かず、神頼みすることなく自分の力を信じ切る。


関連ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索