井村雅代ヘッドの指導者像「何度も話して聞かせる」

井村雅代ヘッドの指導者像「何度も話して聞かせる」

アーティスティックスイミング(AS)日本代表の井村雅代ヘッドコーチ(HC、68)が10日、都内で日本オリンピック委員会が主催する強化選手、指導者向けの講話「覚悟」で講師を務めた。

昨年はレスリング、ボクシング、体操などで不祥事が続発。競技団体、指導者と選手の関係性に注目が集まったが、井村HCは「指導者は何度も話して聞かせることが大切。根気がいりますが、面倒くさがらずに何度も話す、言い続ける」とした。また7月の世界選手権韓国大会へ、チームはメダル、デュエットは表彰台で少しでも上の順位、という目標を掲げた。


関連ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索