ラグビーW杯へ「ファンゾーン静岡会場」実行委員会

ラグビーW杯へ「ファンゾーン静岡会場」実行委員会

今年秋にエコパスタジアム(袋井市)などで開催されるラグビーワールドカップ(W杯)で、観戦者をもてなす「ファンゾーン静岡会場」の第1回実行委員会が11日、県庁で開かれた。

この日の会議では実施内容の説明、運営計画書の作成スケジュールの確認、委員同士の意見交換などが行われた。

ファンゾーンは静岡市の駿府城公園内に設置され、大会開幕日の9月20日のほか、日本代表戦、エコパでの試合日などを含む計10日間開催される予定。内容はパブリックビューイングや出場国の郷土料理の提供、ラグビー体験などの実施を予定している。今後は、4月に運営計画書を大会組織委員会へ提出。7月の承認後に具体的な内容が正式発表される見通しだ。


関連ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索