ラグ札幌山の手が入寮、3年池田「うらやましい」

ラグ札幌山の手が入寮、3年池田「うらやましい」

昨年末の全国高校ラグビー大会に出場した札幌山の手の部員17人が12日、札幌市内に新設された学生寮に入寮した。鉄筋コンクリート3階建てで32部屋。各個人部屋にはベッドと机、ロッカーなどが完備されており、部員は真新しい住まいに興奮気味。寮長を務めるフッカー池田光陽(3年)は「快適で練習に打ち込める。僕は(卒業で)少ししかいれませんが、うらやましい」と話した。

これまでは一軒家を借りて13人が共同生活、他の4人も下宿などで生活していた。今春には3年生5人が退寮するが、入れ替わるように10数人の新1年生が入寮予定。野球部、柔道部の数人も加わるが、大多数がラグビー部。食事も外部の栄養士がサポートする。佐藤幹夫監督(57)は「食事がしっかりしていて、ミーティングもできる。良い環境です」と喜んだ。住まいも一新した新チームは今日13日から始動する。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索