天理大 監督と全部員が共同生活で目指した日本一

天理大 監督と全部員が共同生活で目指した日本一

<全国大学ラグビー選手権:明大22−17天理大>◇決勝◇12日◇東京・秩父宮ラグビー場

惜しくも初優勝を逃した天理大だが、7大会ぶりの決勝だった。その躍進の背景には、12年秋の全寮制導入がある。それまで寮生活は他府県から入学する35人程度。全寮制になってからは、前回大会まで9連覇していた帝京大など強豪と同様に、外国人留学生を含めて全部員が生活を共にするようになった。

同志社大出身の小松節夫監督がコーチに就任したのは93年で、当時チームは関西Cリーグ(3部)だった。2年後に監督へ就任し、小柄な選手たちといかに勝つかを考えてきた。

01年にAリーグ(1部)に復帰すると、翌02年に下宿生の寮を探した。家族ときれいな新居で暮らして1年が過ぎた頃だったが「俺は(部員と)寮に住む」と言い出した。その理由を「(寮に)人を雇わなくてすむから」。最初の寮は高校の女子寮で使われていた建物で、「危ないから高校生を出したぐらい古い建物だった」と振り返る。12年からは場所を移して念願の全寮制となり、部員らと日本一の夢を追い続けてきた。

天理大の寮生活には、程よいゆとりがある。現在は近鉄天理駅から近い場所にあり、基本的に3人部屋で3食付。厳しい規律は設けず、小松監督は「なるべく干渉しない」という。起床後の体操には参加し、門限の報告も受けるが「食事も別です。大学生なので」と自主性を促している。

全寮制への移行後、食事の管理をする栄養士の岡田あき子さん(47)は「無理やり食べさせてもしょうがない。『ノルマ』はやらないです」と明かす。

各選手の体重の変動は把握しているが、強豪校では当たり前のように課される「1食で白米○合」といった強制はなく、週1度以上はグラウンドに顔を出して部員の相談を受けている。

毎年春には約150人の部員1人1人と5〜10分間の面談をし、個々の目標に見合った食事のとり方を助言する。

体重103キロのCTBフィフィタは、体脂肪率15%程度。NO8マキシは「トンガにいた時は芋が中心。でも今は(日本食は)ほとんど全部食べられる」と話す。フッカーの島根主将は「やらされていてはダメ」と常に言い聞かせ、目標に至る最善の道を部員で考え、共有してきた。

全寮制は規律の下にあるようにも感じるが、天理大ラグビー部は少し違う。同校OBで、高校ラグビーの啓光学園(現常翔啓光)元監督の記虎敏和氏(66=現女子パールズ監督)は「昔から先輩後輩の関係が良く、いい環境にあった。すごくラグビーに打ち込みやすいチームだと思います」。

共同生活で団結心を高めつつ、自立心を芽生えさせる−。大学と寮、練習グラウンドも近い。惜しくも、関西勢として34大会ぶりの優勝は逃した。だが、ラグビーに集中できる環境が、日本一を狙える強豪へと、成長させた。夢の実現は、来年へ持ち越されただけだ。


関連ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索