錦織と王者に力の差、ペース配分に課題/堀内氏分析

錦織と王者に力の差、ペース配分に課題/堀内氏分析

<Kei’sカルテ 亜大総監督・堀内昌一氏が分析>

<テニス:ウィンブルドン選手権>◇10日◇ロンドン郊外オールイングランド・クラブ◇男子シングルス準々決勝

第2セット以外は1ブレーク差の逆転負け。錦織の善戦を評価する声もあると思うが、私はスコア以上にフェデラーとの力の差を感じた。

やるべきことができなかった。第1サーブの確率が低く、得点も少なかった。今大会、効果的だった相手のフォアを突くスライスサーブが通じなかった。ストローク戦でもフェデラーをコート後方に下げることができず、前陣速攻を速攻のカウンターで切り返された。サービスゲームを守ることに心身のエネルギーの大半を費やさざるを得なかった。

4回戦までを省エネテニスで勝ち上がり、フレッシュな状態で試合に臨んだ。第1セットを先取したものの、それ以降は急速にペースダウンしてしまった印象だ。フェデラーがギアを上げたこともあるが、1試合の中でのペース配分にも課題が残ったのではないか。

ビッグ3の壁は厚い。錦織にはぜひ、それを打ち破ってほしい。今回の敗戦がその糧になることを願っている。(亜大教授、テニス部総監督)


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索