山梨学院大2年・大川勢矢が初V 日刊アマゴルフ

山梨学院大2年・大川勢矢が初V 日刊アマゴルフ

<男子ゴルフ:日刊アマ2018第44回全日本決勝大会>◇12日◇北海道千歳・ザ・ノースカントリーGC(7093ヤード、パー72)◇出場103人

山梨学院大2年の大川勢矢が、ただ1人アンダーパーとなる1アンダー71をマークし2位に1打差をつけ初優勝した。

4バーディー、ボギーとダブルボギーが1つずつで、最終18番(パー5)をバーディーで締め接戦を制した。「(18番は)勝負をかけて狙ってみようと思い、2打目でグリーンを狙いました」。グリーンエッジで止まり2オンはならなかったが、最後は約2メートルのバーディーパットを沈めた。

7月末の日刊アマ関東大会学生決勝で優勝し、本戦となる今大会の出場権をつかんだ。大川には19年夏に同じザ・ノースカントリーGCで開催予定の長嶋茂雄インビテーショナルセガサミーカップ2019本戦への出場権が与えられた。シニアは辻田昭吾(62=くまもと中央)が3オーバー75で1位になった。大会には各地での予選を勝ち抜いた103人が出場した。


関連ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索