今平周吾マスターズ 松山、小平、金谷に続き4人目

今平周吾マスターズ 松山、小平、金谷に続き4人目

男子ゴルフで18年の日本ツアー賞金王となった今平周吾(26)がマスターズ(4月11〜14日、米ジョージア州オーガスタナショナルGC)に特別招待選手として初出場することが8日(日本時間9日)、発表された。これで今年のマスターズには松山英樹、小平智、東北福祉大2年のアマチュア金谷拓実に続き、4人目の日本勢出場が決まった。

主催者となるオーガスタナショナルGCは18年の日本ツアーでトップ10入り14回、昨年10月のブリヂストンオープン優勝、賞金王獲得など年間を通じて安定した実績を評価したことを発表リリースで紹介。世界ランキング53位の今平は昨年末、出場権獲得となる同50位以内を目指し「積極的に(米ツアーに)出ていきたい」と出場意欲をみせていた。なお10日開幕の米ツアー、ソニー・オープン(ハワイ州ワイアラエCC)が19年初戦となる。


関連ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索