マスターズ出場の今平が4位発進「少しでも上位に」

マスターズ出場の今平が4位発進「少しでも上位に」

<男子ゴルフ:ソニーオープン>◇10日(日本時間11日)◇第1日◇米ハワイ州・ワイアラエCC◇7044ヤード(パー70)

昨年の日本ツアー賞金王の今平周吾(26)が、7バーディー、2ボギーの65で回り、4位につけ19年初戦を好発進した。イーブンパーで迎えた8番から3連続バーディーを奪い3アンダーまで伸ばすと一気に加速した。13番からも4メートル、2メートルのバーディーパットをことごとく沈めるまさに「今平チャージ」で優勝圏内に突入した。「ショットが1日を通して良かった。パターもまずまずかな。明日(11日、日本時間12日)もこの調子でいきたい」と冷静に話した。

8日に招待選手として夢にまで見た「マスターズ出場」が正式に決まったが、今大会ももちろん、調整の意味合いはない。昨年からマスターズ(4月11日開幕、米ジョージア州)の出場権が自力で得られる世界ランキング50位(現在53位)以内を目指してきており、あくまでそこに目標をおく。2年連続(昨年54位)の参戦でコース形態も熟知しており「コースはだいぶ覚えているし、感覚はいい。少しでも上位にいきたい」と話す。

賞金王としてのプライドものぞかせる。「賞金王としてしっかりやらなければいけないなと思う」と気持ちをさらに引き締める。予選通過、その先に米ツアー初制覇の夢も広がってくる。「(今日と)同じ気持ちでいきたい」と変わらず平常心で頂点を目指す。

同じく今年初戦の松山英樹は、5バーディー、2ボギー、1ダブルボギーの69で回り1アンダーで52位。星野陸也は4アンダーで7位。今季2戦目となる小平智、アマチュアで参加している金谷拓実は1オーバーで89位。池田勇太は2オーバーで112位だった。アダム・スベンソン(カナダ)が9アンダーで単独首位に立っている。


関連ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索