松山英樹、痛恨ダボで54位発進「最後ちぐはぐに」

松山英樹、痛恨ダボで54位発進「最後ちぐはぐに」

<米男子ゴルフ:ソニーオープン>◇第1日◇10日(日本時間11日)◇米ハワイ州・ワイアラエCC◇7044ヤード(パー70)

19年初戦を迎えた松山英樹(26)は、5バーディー、2ボギー、1ダブルボギーの69で回り、54位で第1日を終えた。15番までに4アンダーと好位置につけていたが、16番で落とし穴が待っていた。

セカンドショットがグリーン右手前のバンカーにつかまったが、グリーンぎりぎりを狙ったリカバリーショットでミスをし、今度は右奥のバンカーへ。このホール痛恨のダブルボギー。結局、後半で3つスコアを落とし、上位に絡めなかった。

「良いショットも、悪いショットも、良いパットも悪いパットもあった。最後はちぐはぐになってしまった。16番のティーショットが、その後のミスにつながったと思うので、明日はそこを気を付けてできればいいなと思っている」と振り返った。

今大会は過去、アマチュア時代も含めて5度出場してきたが、最高順位は27位と奮わない。苦手とも言われてきているものの「上り3ホールをうまくプレーできたらよかったんじゃないかな」と話す。

第2日に向け「もっとできたんじゃないかなってところもあるけど、ピンを狙うショットは徐々に徐々に良くなってきたんじゃないかな。それを明日も続けられるようにしたい」と前向きに話した。

昨年の日本ツアー賞金王の今平周吾が、7バーディー、2ボギーの65で回り7位につけたのが、日本勢の最高だった。星野陸也は4アンダーで7位。稲森佑貴も松山と同じく52位。今季2戦目となる小平智、アマチュアで参加している金谷拓実は1オーバーで89位。池田勇太は2オーバーで112位だった。アダム・スベンソン(カナダ)が9アンダーで単独首位に立っている。


関連ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索