今平周吾7位で予選通過、前日からショット好調維持

今平周吾7位で予選通過、前日からショット好調維持

<男子ゴルフ:ソニーオープン>◇11日(日本時間12日)◇第2日◇米ハワイ州・ワイアラエCC◇7044ヤード(パー70)

4位で出た今平周吾(26)が、1イーグル、2バーディー、1ボギーの67で回り、通算8アンダーで7位につけた。

前日からのショットの調子を維持し、前半の18番では2打目をピンに約6メートルにつける好ショットを披露。イーグルパットもしっかり決めスコアを伸ばした。「うれしかったですね。ショットがいいのでその流れでいけたらいい」と予選を楽々、通過し、確かな手ごたえを伝えた。

昨年の日本ツアー賞金王が、常夏の島で存在感をみせつけている。昨年54位だったが、大きくジャンプアップの予感。昨年までは海外の試合では、むくみが出たりし、ベストの状態で臨めないことも多かったが、今年はその反省を生かし、ラウンド後、ホテルのジムで約1時間、体を動かし、有酸素運動を行うことでむくみも解消。ベストコンディションで試合に臨んでいる。「トレーナーに教えてもらって取り入れている。疲れも取れて良い」と効果を話す。

2日間の状態を「80%」と話し、決勝ラウンドに向けて伸びしろを感じているが、いつも通り冷静なプレーを心がける。「コツコツやっていく。気負うと簡単に崩れてしまうので」とクールな男は世界でも無欲で頂点を目指す。

52位で出た19年初戦の松山英樹は、5バーディー、2ボギーの67でまわり、通算4アンダーで35位だった。稲森佑貴は46位、星野陸也は65位。アマから出場した金谷拓実、池田勇太、小平智は予選落ちした。首位は、通算14アンダーのマット・クーチャー(米国)。


関連ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索