松山の後輩金谷は予選落ち ほろ苦米ツアーデビュー

<男子ゴルフ:ソニーオープン>◇11日(日本時間12日)◇第2日◇米ハワイ州・ワイアラエCC◇7044ヤード(パー70)

4位から出た日本ツアー賞金王の今平周吾(26)が、1イーグル、2バーディー、1ボギーの67で回り、通算8アンダーで7位につけた。

前日から順位は落としたが、持ち前の安定感でトップ10を確保した。松山英樹は通算4アンダーで35位。稲森佑貴は46位、星野陸也は65位。アマチュアの金谷拓実(東北福祉大)、小平智、池田勇太は予選落ち。マット・クーチャー(米国)が首位に立った。

松山の後輩、東北福祉大の金谷はほろ苦い米ツアーデビューとなった。通算1オーバーで予選落ち。期間中、松山と食事をしたりと充実した日々を送ったが、結果に結びつかなかった。「自分のやるべきことができなかった」と振り返る。今後は出場権を得るマスターズ、全英オープンに向け調整する。「課題を修正してベストアマを目指して頑張りたい」と気を引き締めた。


関連ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索