富樫勇樹「けがの治療に専念」球宴欠場でコメント

富樫勇樹「けがの治療に専念」球宴欠場でコメント

 バスケットボール男子のBリーグの富樫勇樹(24=千葉ジェッツ)は10日、熊本県立総合体育館で14日に開催されるオールスター戦の欠場、前日13日の復興支援活動も参加しないことについてチームを通してコメントを発表した。

 「後半戦のレギュラーシーズン、チャンピオンシップと高いパフォーマンスを見せられるようにしっかりとけがの治療に専念したいと思います」。

 富樫はファン投票で選出され、B・WHITEの主将も務める予定だった。B・BLACKの主将を務める馬場雄大(22=アルバルク東京)も欠場が決まっているため、富樫は自身のツイッターで「多くの人が投票してくれたおかげでキャプテンに任命されたのに、両チームのキャプテンが欠場、、本当に残念です」とコメント。代わりに主将を務めることなった篠山竜青(29=川崎ブレイブサンダース)については「確実に(篠山)の方が適任だと。笑」(原文まま)。B・WHITEの先発は富樫から宇都直輝(26=富山グラウジーズ)に変更となっている。

 富樫は1日のBリーグアルバルク東京戦で左大腿(だいたい)四頭筋挫傷のけがを負い、全治3〜4週間とみられている。千葉ジェッツが2連覇を果たした7日の天皇杯決勝では、松葉づえをつきながらベンチで声援を送っていた。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索