鎮西2冠!鍬田主将「多くの人たちに支えられた」

鎮西2冠!鍬田主将「多くの人たちに支えられた」

<全日本高校バレーボール選手権(春高バレー):鎮西3−0洛南>◇男子決勝◇8日◇東京体育館

 男子は鎮西(熊本)が洛南(京都)を3−0(25−21、25−21、25−23)のストレートで下し、21大会ぶり3回目の優勝を飾った。

 鍬田憲伸(3年)、水町泰杜(1年)のダブルエースが高い打点からパワフルなスパイクで得点を重ね、昨夏の全国総体に続く2冠を達成した。

 洛南は13大会ぶり2回目の優勝を逃した。

 鎮西・畑野久雄監督(72)の話 震災の影響で1年生が(自校の)体育館で練習したことがなく心配していましたが、キャプテンの鍬田を中心によく頑張ってくれました。いい選手たちに恵まれました。応援、ありがとうございました。

 鎮西・鍬田憲伸主将の話 主将として、エースとしてこれまでチームに迷惑ばかりかけてきました。地震で練習場がなくなって、多くの人たちに支えられてきました。春高で何とか恩返しをしようと頑張ってよかったです。厳しく指導してくださった畑野先生のおかげです。感謝しています。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索