研究活動をクラウドファンディングで支援する(アカデミスト社ホームページから)

大学などの研究者がクラウドファンディング(CF)で研究費を調達する動きが広がっています。難病治療など社会性の高い研究テーマがCFによる支援に結びつきやすいほか、宇宙開発など夢のあるテーマを研究者がアピールして資金を集めるケースもあります。政府の研究予算が思うようにつかない中で、一般に広く研究への支援を訴えています。

東北大学大学院医学系研究科の古川徹教授は「膵臓(すいぞう)がんの早期発見と個別化治療」の研究で、2021年7〜9月の期間でCFを実施しています。9月9日までに目標額の1500万円に達しました。難治性のがんである膵臓がんの早期発見・治療のため、患者から提供された組織の遺伝子解析をする費用に充てる計画です。

古川教授のCFのホームページには支援を寄せた人から「義母が膵臓がんで他界しました。家族のためにも期待も込めて支援します」といった「応援コメント」が寄せられています。CFの募集期限である9月末までに、第二目標である2000万円を目指しています。

古川教授はCF大手のREADYFOR(レディーフォー、東京・千代田)を通じて寄付を呼びかけました。同社は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、生活困窮者支援など社会課題の解決に向けたプロジェクトに力を入れていますが、近年は学術研究など「研究系CF」の扱いも増えています。「最近は基礎的な研究テーマが目立つ」(同社)といいます。

同社は17年以降、全国35の大学と包括連携協定を結び、研究者からCFのプロジェクト提案を受け付けています。

研究支援目的に特化したCFを運営するのがアカデミスト(東京・新宿)です。若手研究者の利用が多く「再生医療技術でサンゴ礁を絶滅危機から救う」「DNAから生物の老化機構を解明」「超小型衛星で河川の防災を実現」など、様々なテーマが並びます。

同社は現在、大気中や海洋から二酸化炭素(CO2)を除去する技術で、研究チームを公募・選考してCFや外国の技術コンペ参加を後押しするなど、研究者側にテーマを提案する活動にも力を入れています。

大学側が自らCFの仕組みを作る試みもあります。徳島大学系の一般社団法人、大学支援機構(徳島市)は徳島大や香川大学などの研究をCFで支援しており、16年10月の事業開始から約4年で累計支援額が1億円を超えました。

同機構はCF事業を始めた理由として「運営費交付金が削減されたため、国立大学法人は財政的に非常に厳しい状況に置かれている」ことを挙げています。大学が公的な研究費を補うためCFに頼る傾向は続きそうです。