今やデザート、焼き芋ブーム コンビニや専門店広がる

木枯らしの中、熱々をほおばる焼き芋は最高だ。最近はスーパーやコンビニでも見かける。どうもブームのようで、専門店やスイーツも次々と登場。焼き芋の歴史をたどってみよう。

「焼きたてです!」。12月中旬、東京都品川区のイトーヨーカドー大井町店内の屋台風の店には、専用オーブンで焼いたばかりの芋がズラリ。香ばしい匂いに誘われたのか、すぐに女性客がのぞき込んだ。吟味して1本を選んだ主婦(68)は「週1回は必ず買う。売り切れが多いのでラッキーでした」と顔をほころばせた。数人の客が集まり次々に買っていく。

イトーヨーカ堂青果部の乾賢志さん(41)によると「近年の焼き芋はねっとりとした食感で甘く、デザート感覚で食べる人が増えている」という。

実際に記者(35)も食べてみた。1本200円とお手ごろだが、ずっしりと重い。きつね色の果肉は溶けるような食感で、すぐに口いっぱいに甘みが広がった。記者が子供の頃食べたのは、ホクホクとした食感だった。確かにトレンドは変わったようだ。

焼き芋の歴史は江戸時代にまでさかのぼる。農業関係者や大学教授らでつくる「一般財団法人いも類振興会」理事長の鈴木昭二さんによると、中南米産のかんしょ(サツマイモ)が1605年に琉球に伝来。「当初は飢饉(ききん)や戦時の食糧難に備える救荒作物だった」。当時、砂糖は貴重品。安くて甘い焼き芋は老若男女に大受けし、大ブームに。

次にブームが訪れたのは明治維新後とされる。東京の人口が増加し、需要が増大。冬に焼き芋専門店が現れたのもこの時期とされる。こういった店は夏場はかき氷を売っていたのだそうだ。

1951年には東京に初めて引き売り屋台が登場。同墨田区の三野輪万蔵さんが、箱に小石を入れて芋を焼く道具をリヤカーに積み売り歩くスタイルを考案し、日本中に広がった。その後、リヤカーは軽トラックに姿を変えた。記者も木枯らしの中「いしや〜きいも〜やきいも〜」という特徴的な歌を流すトラックを追いかけたのを覚えている。

歌の起源は定かではないようだ。焼き芋屋独立支援サービス「やきいも工房」(京都市)を運営する斎藤志郎さんらによると「誰かが始めた掛け声をまねして広がったのだろう」ということだった。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

NIKKEI STYLEの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索