スマホでも豊かな臨場感 個性派Bluetoothスピーカー

スマホで音楽を楽しむ人が増える中、ワイヤレスイヤホンだけでなく「Bluetoothスピーカー」も堅調に市場を拡大している。自宅で手軽に音楽を聴くのに重宝している人も多いはずだ。Bluetoothの仕様を策定する業界団体「Bluetooth SIG(Special Interest Group)」によれば、2023年には9割のスピーカーにBluetoothが搭載されるという。

ただ、Bluetoothスピーカーというと、防水といった付加機能を搭載するモデルや1万円以下で買える小型モデルを思い浮かべる人も多いはず。だが、最近は本格的なサウンドを楽しめる高音質モデルも登場している。クラシックやジャズをじっくり聴きたい人、タブレットで映画を見るときに迫力のサウンドを楽しみたいという人も満足でき、さらに個性的な機能も備えたハイエンドBluetoothスピーカー3機種を、オーディオライターの山本敦氏が解説する。

◇  ◇  ◇

スマートフォンやポータブルオーディオプレーヤーにペアリングしてワイヤレスで音楽再生が楽しめるBluetoothスピーカーに、3万〜4万円台の高性能製品が充実してきた。音楽再生はもっぱら、スマホにワイヤレス対応のイヤホン・ヘッドホンをペアリングして聴いているというポータブル派の音楽ファンにもぜひ、高音質であり、かつ多彩な機能を備えるプレミアムクラスのスピーカーを手に入れてほしい。今回セレクトした3つのモデルなら、「いい音」を全身で浴びながら体で感じる本格的なオーディオ再生の醍醐味を味わえるだろう。

■ソニー/ハイレゾ音源再生も

ソニーの「LSPX-S2」。淡い光の演出と上質な音楽を一緒に楽しめる「グラスサウンドスピーカー」だ。実勢価格は4万3000円前後(価格は税込み、11月上旬に大手家電量販店のネットショップで調査。以下同)

最初に紹介する製品はソニーの「LSPX-S2」。見た目にはLEDランプのように見えるかもしれないが、筒のような形をした有機ガラス管の部分を振動させて音を鳴らす、ソニーの独自技術「アドバンスド バーティカル ドライブ」を搭載する「グラスサウンドスピーカー」だ。

有機ガラス管を振動させて音を鳴らすソニーの独自技術「アドバンスド バーティカル ドライブ」を搭載している

LSPX-S2はBluetoothだけでなくWi-Fi接続にも対応しており、スマホアプリ「Music Center」に保存した音楽ファイルをWi-Fi経由でLSPX-S2に飛ばして聴ける。Wi-Fi接続の場合は無線で高音質なハイレゾ音源の再生も楽しめるのだ。

ハイレゾ音源も含めてスマホアプリ「Music Center」に保存した音楽ファイルをWi-Fi経由で本機に飛ばして聴ける

実際に聴いてみると、小柄な本体ながらもパワフルで音の解像度が高く、特にクリアな中低音と、重心が低くパンチの効いた低音再生が魅力的だった。各帯域の音がスムーズに気持ちよくつながる。


関連記事

おすすめ情報

NIKKEI STYLEの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る