ユニクロの「リサイクル ダウンジャケット」(7990円、税込み、発売当時は税別)。リサイクルしたダウンとフェザーを100%使用している。写真のブラウンのほか、ダークグレイ、ダークオレンジ、ダークグリーンの4色がある

ユニクロを展開するファーストリテイリングが国連の定める持続可能な開発目標(SDGs)の取り組みを加速させている。2020年11月2日にユニクロが発売した「リサイクル ダウンジャケット」は、不要になったユニクロの服を回収し、新しい価値を与えて次の商品へ生かす「RE.UNIQLO」の取り組みの第1弾だ。7990円という低価格も話題を呼んだ。

コスト面ではバージン(新品)素材より高くなるが、あえて他のダウン商品と同程度に抑えた。これに先立ち同社は、2019年秋に「ウルトラライトダウン」の国内店舗での回収を開始し、計62万点を集めた。こうして回収したダウン製品の羽毛を再生し、新たな中綿として再利用したのがリサイクル ダウンジャケットだ。20年にはダウン商品の回収活動をグローバルに拡大し、9月下旬から日本を含む世界21の国・地域で順次、回収キャンペーンを開始。対象商品もユニクロの全ダウン商品に拡大した。

リサイクル ダウンジャケットを実現するために、使用済みダウン商品から高品質の素材を効率的に取り出す技術を、戦略パートナーである東レと共同開発した。回収したダウン商品は、専用ラインを持つ東レの工場に送られる。裁断したダウン商品を空気の流れでコントロールし、ダウン、フェザー、生地に分離し、再生素材を回収する仕組みだ。

東レと共同開発した、ダウンの回収システム。ベルトコンベヤーでラインに送り込まれたダウン商品は、自動的に裁断、分別される

従来も羽毛布団などの再生は行われていたが、そのほとんどの工程は人手が頼りだった。新しく開発した技術では、ダウン商品をそのままラインに投入すれば、羽毛を傷付けずに裁断し、自動的に分別できる。従来のマニュアルの工程に比べて50倍の効率化が可能になり、手作業のように粉じんが飛び散るといったこともなく、作業環境も向上したという。

■ファーストリテイリングが目指す循環型モデルとは

リサイクルの表示(左)とRE.UNIQLOのポスター(右)。循環型モデルへのユーザーの参加を呼びかける

もともと同社では06年から「全商品リサイクル活動」として、商品を回収・再利用する活動を進めてきた。同じく06年に国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)と協働を始め、11年にはグローバルパートナーシップを締結。UNHCRのサポートの下、難民キャンプや被災地などへ衣料を届ける支援活動を行っている。支援先は、20年8月までの累計で75の国や地域に及び、支援点数は4111万点に上る。

15年に行われたウガンダへの支援の様子。支援先によって、季節、性別、サイズ、大人、子供、気候、文化、宗教など事情が大きく異なる。回収した服は支援先のニーズにきめ細かく対応できるよう18種類に仕分ける

回収した服のうち、衣料としてリユースできないものが約20%あるが、これらは高カロリー固形燃料(RPF)や自動車用防音材にリサイクルしている。このような活動を継続することで、同社では服の回収サイクルを継続的に回すシステムやノウハウを築き上げてきた。

高カロリー固形燃料(Refuse Paper and Plastic Fuel = RPF)は服や廃プラスチック、紙や木のくずを原料とし、石炭など化石燃料の代替として、製紙会社などの専用ボイラーなどで使われている約4.3キログラム(Tシャツ約22枚相当)の古着が自動車用防音材1台分になる

RE.UNIQLOはこれまでの活動を一歩先に進めるものだ。回収した服を新しい商品にする循環型リサイクルによって、商品のライフサイクル全体を通じて廃棄物量、CO2排出量、資源使用量を削減(リデュース)できる。サステナブルな循環型社会に向けての新たなチャレンジだ。

今後、ダウン製品のリサイクル比率を高め、ユニクロ独自の循環型モデルを構築するには、回収に協力的なユーザーの参加が不可欠だ。回収量が増えなければコストメリットも生まれない。リサイクルやサステナビリティーは消費者の共感を得られるキーワードではあるが、だからといって、ユーザーがユニクロに期待する価格や品質を満たさなければ協力は得られない。今回あえてRE.UNIQLOという分かりやすいアイコンを掲げたのには、ユーザー参加を促すという目的もある。

今後は、何度もリサイクルを繰り返したときのダウンの品質のコントロールや、ダウン以外の製品へのRE.UNIQLOの展開が新たなチャレンジ目標だ。

(デザインジャーナリスト 笹田克彦、写真提供 ファーストリテイリング)

[日経クロストレンド 2021年4月1日の記事を再構成]