「Xperia 1 III」を前面から見たところ。前機種の「Xperia 1 II」と比べてサイズに大きな変化はない印象だ

夏商戦を控え、スマートフォンの新製品が相次いで投入されている。そうした中、注目を浴びている機種が、ソニーのフラッグシップモデル「Xperia 1」シリーズの最新モデル「Xperia 1 III」だ。同社のミラーレス一眼カメラ「α」シリーズで培った技術で、カメラ機能を一層強化したXperia 1 IIIの実力を探ってみよう。

■サイズはほとんど変わらず、ディスプレーは進化

Xperia 1シリーズは21対9比率の4K有機ELディスプレーと、3つのカメラを切り替えて一眼レフのような高度な撮影ができるのが特徴だ。3代目に当たる本機種は、どのような点が進化したのか、発売前の試作機で確認してみた。

まずは本体から。今回使用したのはソフトバンク版だが、ディスプレーサイズは21対9比率の約6.5インチ、本体サイズ約71(幅)×約165(高さ)×約8.2ミリ(厚さ)、重さ約188グラムと、前機種の「Xperia 1 II」(約72×166×7.9ミリ、約181グラム)とほとんど変わらない。

ディスプレーは先述のように映画などの視聴に適した21対9比率の4K有機ELディスプレー。フロントカメラをノッチ(切り込み)やパンチホール(ディスプレーに空けたカメラ用の穴)に設けず、ベゼル(額縁)に置いているのは、「映像視聴やゲームを邪魔しない」というXperia 1シリーズのコンセプトを継承したからだろう。

専用のケースに装着して映像を視聴。映画と同じ比率で4K映像を楽しめるのはXperia 1シリーズならではだ

加えてXperia 1 IIIでは新たに「リフレッシュレート120Hz駆動」にも対応した。これはディスプレーの表示を書き換える回数を、通常の毎秒60回から同120回に増やすというもの。書き換える回数が多くなる分、表示がなめらかになる。ゲームなど動きのあるコンテンツをより快適に楽しめるだけでなく、通常操作で画面をスクロールする際の動きもなめらかになる。

リフレッシュレート120Hz駆動に対応したディスプレーを採用するスマホは増加傾向にあるが、それを解像度が非常に高い4Kディスプレーで実現したのは世界初とのこと。そのあたりがXperia 1 IIIのすごさといえるだろう。

21対9の4K有機ELディスプレーはさらに強化され、リフレッシュレート120Hz駆動に対応。プリインストールされたゲーム「Call of Duty:Mobile」をプレーしても動きや操作は非常になめらかだ

背面は、表面をデコボコにした上で化学処理を施したフロストガラスを採用している。高級感のある手触りで、指紋も付きにくい。最近ではハイエンドモデルを中心に出っ張りが目立つ傾向にあるカメラ部分は、目立たない程度に抑えられており好感が持てる。

背面はカメラの主張も強くなくシンプルな印象。フロストガラスで指紋の付きにくさと高級感を演出している

側面はボタン類を右側に集中させている。従来機種と同様、電源キーと一体の指紋センサーを採用しており、新型コロナウイルス禍の今でもマスクを外さずロックを解除できるのはうれしい。

Xperia 1シリーズではおなじみの物理ボタン「カメラキー」を側面に装備する。カメラキーを長押しすると、ロック状態でもカメラが起動し、撮影時にはシャッターボタンとしても機能する。このほか音声アシスタント「Googleアシスタント」を呼び出すためのキー(ボタン)が増えている。

ボタン類は右側面に集中。音量キーと指紋センサー付きの電源キーに加え、Googleアシスタントキーとカメラキーが配置されているが、音量キーとカメラキー以外は誤操作防止のためか出っ張りが抑えられている