パナソニック ライフソリューションズ社は電動工具の新ブランド名を「EXENA(エグゼナ)」と発表。コンセプトは「この世界に元気を灯(とも)すプロフェッショナルのために。」だという(写真:山田真弓)

パナソニック ライフソリューションズ社が電動工具を新ブランド「EXENA(エグゼナ)」と名付け、フラッグシップモデル「Pシリーズ」と、取り回しの良さを追求した軽量コンパクトな「Lシリーズ」を順次発売すると発表した。第1弾はPシリーズのインパクトドライバー「EZ1PD1」(税込み2万9480円から)で2021年8月に発売。第2弾は同ドリルドライバー「EZ1DD1」(同4万370円から)で9月に発売する予定。DIY需要にも応えるLシリーズも21年冬に投入する。

■家具や住宅改修など広がるDIY需要

同社の電動工具は1979年から40年以上、電池や充電の開発と共に進化。土木工事、管工事、建築、製造業、あるいは電気設備工事、空調工事、電気工事などの現場で、プロから支持されてきた。

新ブランドの展開に際し、注目は一般の利用を想定したLシリーズをラインアップしたことだ。近年のDIYブームの盛り上がりを受け、収納家具やテーブル、椅子、あるいは住宅改修までを個人で行うケースに対応した。軽量・コンパクト、取り回しの良さを重視し、プロの現場だけでなく、DIY需要にも応える仕様になっている。

21年冬に発売予定の製品は、充電インパクトドライバー、充電ドリルドライバー(2機種)、大幅に軽量化した小型圧着器とマグネット対応のLEDライトの5機種で、同社としては新電圧となる10.8ボルトシリーズとして取りそろえる。ドライバーはミドルレンジのパワーでDIY向き。充電LEDライトもコンパクトなサイズながら最大600ルーメンと明るく、マグネットで貼り付けられるので、光の入りにくい作業場所などでも活躍しそうだ。

ただし、充電式の小型油圧マルチ圧着器「EZ1W31」は、10.8ボルト/2.0アンペアアワー電池パック搭載で税込み26万2130円、ケーブルカッター刃「EZ9X350」は税込み14万2780円と価格が高め。手工具を電動化し、作業量負荷を低減するというプロ向け商品と言えるだろう。

Lシリーズのラインアップ。写真左から2台がインパクトドライバー「EZ1P31」(電池パック搭載は税込み4万9280円、本体のみの場合同2万4200円)は本体1.15キログラム。中央2台がドリルドライバーチャックタイプ「EZ1D31」(電池パック搭載は同4万9280円、本体のみは2万4200円)は1.25キログラム。右2台がドリルドライバービットタイプ「EZ1D32」(電池パック搭載は4万6640円、本体のみは2万2000円)は1.1キログラム充電LEDマルチライト「EZ1L31」(本体のみ、税込み1万4300円)

もう一方のPシリーズは、プロの現場で活躍する電動工具として開発。「ハイパワー、コンパクト、高機能」をうたい、増加する狭所作業に柔軟に対応することを目指した。

中でもPシリーズ「インパクトドライバー(EZ1PD1)」は、ヘッドサイズが業界最短の98ミリメートルというコンパクトさが特徴。ドリルドライバーには独自開発の制御技術、「+BRAIN(プラスブレイン)」を搭載し、ビスの締め付け時のカムアウト(ドライバーの先端がビスやねじ頭から外れてしまう現象)などを抑えられるようにしたという。

8月発売のPシリーズ「インパクトドライバー(EZ1PD1)」は、ヘッドサイズが業界最短の98ミリメートルで、業界初という8方向に取り付けできるアタッチメントシステム「ATTACH8(アタッチエイト)」(別売り。2種類で各税込み1万780円)も発売。「ドリルドライバー(EZ1DD1)」は従来品と同等以上のパワーで小型軽量化したPシリーズ「ドリルドライバー(EZ1DD1)」(本体のみは税込み4万370円)