「彩り野菜のちゃんぽん」。目で楽しめる鮮やかさはパプリカなど新たに加わった野菜の効果が高そうだ

リンガーハットは、長崎ちゃんぽん専門店「リンガーハット」が目指す新ビジョンとして「Ideal Dining宣言〜あなたの理想の食卓へ〜」を発表した。「モグベジ食堂」をブランドメッセージとして打ち出し、商品を開発、提供していくという。

新商品の第1弾は「彩り野菜のちゃんぽん」「彩り野菜の皿うどん」で2021年8月13日に販売開始。価格は890円で全国のリンガーハット店舗で取り扱う。容器代30円が別途かかるが、テークアウト(モバイルオーダー)も可能だ。

新商品開発のポイントは「目で楽しめる」「高い栄養価」「かめばかむほど深まる味わい」。まずこれまでのメニューでは使用していなかったパプリカ、ミニトマト、小松菜、カボチャなど彩りを意識した野菜を使用し、五感で楽しむことを目指した。

また厚生労働省が目標とする野菜の1日の摂取量350グラムを1杯で賄えるように野菜を増量。特に緑黄色野菜を組み合わせることで、葉酸やカルシウムなども摂取可能にした。さらに、成長期の脳の発達に重要である可能性が指摘されるそしゃくにも注目し、かめばかむほど「野菜の甘み」を感じられる野菜の使用に努めていくという。

同社商品開発チームの宮内伸吾氏によれば「もともと主力商品である『長崎ちゃんぽん』には7種類の国産野菜を使っていた」とのこと。彩り野菜のちゃんぽんや、彩り野菜の皿うどんでもすでに使用野菜を増やしているが、今後もメニューに合わせて国産野菜を存分に使用していくという。

■業績回復にテークアウトやデリバリー

新ビジョン策定の背景には、新型コロナウイルス感染症拡大による、外食産業の変化があるという。

同社では09年10月以降、使用する野菜を国産化し、15年には「QSC(品質・接客・清潔さ」を打ち出してきた。しかし現在、外食産業では断続的な外出自粛要請、緊急事態宣言の発令、時短営業による客足の減少、さらにソーシャルディスタンス(社会的距離)維持のための席数減少などで、店舗営業が厳しい状況が続いており、同社も例外ではない。

21年4月14日に発表した21年2月期決算によると、売上高は340億4900万円(前期比28.0%減)で、営業損失は54億300万円(前期は15億5400万円の利益)。業績回復が見込めない128店を閉店するという、創業以来の厳しい状況に追い込まれた。

21年7月14日に同社が発表した21年3〜5月期の「四半期報告書」によれば、売上高は前年同期比で約10%増の約78億9200万円、営業損失は約6億2700万円(前年同期は23億7700万円の損失)、連結最終損益は1億500万円の黒字(前年同期は17億8200万円の赤字)に回復している。これには、時短協力金などを10億円計上したことも大きいが、人件費や販売費、固定費などのコスト圧縮による収益体質の改善が影響した。

加えて、「デリバリーが活況を呈している」(同社の佐々野諸延社長)状況がある中で、同社ではテークアウトやデリバリーの需要に応えるべく、伸びにくい専用麺と、保温性の高い容器を開発。皿うどんの容器は麺とあんをセパレートし、2時間後も出来たての温度とほぼ変わらない60度以上をキープできるようにした。結果、テークアウトやデリバリー販売の売り上げが伸びたという。