ソフトバンク千賀へんとう手術で秋季キャンプ不参加 加治屋と嘉弥真は一時渡米

ソフトバンク千賀へんとう手術で秋季キャンプ不参加 加治屋と嘉弥真は一時渡米

 ソフトバンクは9日、千賀滉大投手(25)がへんとう摘出手術を受けたことを発表した。

 福岡市内の病院で8日に手術を受けたもので、数日間の入院を要するため、宮崎秋季キャンプには参加しない。

 また高田知季内野手(28)は首痛のため今後、福岡に残るリハビリ組に合流。球団タイ記録のレギュラーシーズン72試合に登板した加治屋蓮投手(26)と、同67試合に登板した嘉弥真新也投手(28)は10日間ほどの日程で渡米し、当地のトレーニング施設でオーバーホールを行うため、それぞれ秋季キャンプに参加しない。

=2018/11/09 西日本スポーツ=


関連ニュースをもっと見る

関連記事

西日本スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索