東海大福岡、県勢初の4強 高校女子サッカー

東海大福岡、県勢初の4強 高校女子サッカー

 サッカーの全日本高校女子選手権第3日は6日、兵庫県立三木総合防災公園で準々決勝が行われ、2大会連続3度目出場の東海大福岡が4−1で聖カピタニオ女子(愛知)を破って福岡県勢として初の4強入りを果たした。前半20分に先制されたが、FW福永季和主将(3年)のハットトリックなどで逆転した。

 6度目の優勝を狙う常盤木学園(宮城)は日ノ本学園(兵庫)に2−1で逆転勝ち。2大会ぶりの頂点を目指す十文字(東京)は帝京長岡(新潟)を1−0で下して準決勝に進んだ。星槎国際湘南(神奈川)は花咲徳栄(埼玉)に2−1で競り勝った。7日の準決勝(神戸ユニバー記念競技場)は東海大福岡−星槎国際湘南、常盤木学園−十文字の顔合わせで行われる。

=2019/01/07付 西日本スポーツ=


関連ニュースをもっと見る

関連記事

西日本スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索