オトナのフェアレディZスタイル【1975年式 日産 フェアレディZ Vol.2】

Vol.【1】から続く

 70年代前半は、まだまだクルマは高級品で、2シーターのスポーツカーを乗るということ自体、かなりステータスが高かったに違いない。そのため、高校生だった山本さんは、兄のS30Zを借りて乗ったこともあったそうだ。

 そして、3〜4年後には一人で乗るようになり、それから約40年たった今も、S30Zは山本さんの手元にある。

「兄が乗っていたとき、前のほうをちょっとだけ当てられたことがありますが、それ以外は無事故です」と山本さん。新車時から地元の岡山日産でメンテナンスを行っていて、レストアなども一切行っていないそうだが、塗装やメッキ部分にもヤレた感じはない。

ほぼ新車時のままのスパルタンなコクピットなど【写真19枚】




「こんなに長く乗るとは思っていませんでした。ポルシェ914とかを『カッコいいなー』と思ったことがありますが、その度に、クラブスポーツの古泉さんに『売っちゃいかん』といわれて目が覚めたりしました。道をそれそうになると、修正してくれるんです」と山本さん。

「クラブスポーツ」は、岡山県玉野市にあるフェラーリからホンダN360まで扱うショップ。代表が古泉晃さんで、国産車から輸入車、スーパーカーまで熟知しており、最近は古泉さんが好きなこともあって、国産旧車のお客さんがよく集まっている。

Vol.【3】に続く

1975年式 日産 フェアレディZ(S30)
SPECIFICATIONS 主要諸元
■エクステリア:純正リアスポイラー、透明リアガラス
■エンジン:L28型3.0L/亀有製φ89mm鍛造ピストン、75度カム/レース用スライド式カムスプロケット&レース用メタル、クランクバランス取り
■点火系:永井電子MDI
■吸排気系:ソレックス44PHH(ニスモ)/スポーツコーナーステンレスタコ足/432デュアルタイプステンレスマフラー
■駆動系:OS技研製ツインプレートクラッチ、LSD
■サスペンション:ビルシュタイン車高調&トヨシマH150
■インテリア:ダッツンコンペステアリング&バケットシート
■タイヤ:ブリヂストンポテンザRE11 (F)205/55R15 (R)225/50R15
■ホイール:RSワタナベ8スポーク 15×7.5J